トップページ > 信用保証協会とは > 信用保証協会の基本財産について
 
 
 基本財産は、一般企業の資本金に相当し、信用保証協会が保証承諾した保証債務の最終担保となるものです。
 保証債務の最高限度額は、この基本財産に一定倍率を乗じた額と定款に定められています。この倍率は、各信用保証協会の規模や財政事情等により異なっており、全国平均は52.4倍、当協会は50倍となっています。
 このため、中小企業の保証需要に安定して応え、公共的使命を果たすためには、基本財産の充実が不可欠となっています。
 
 
 
 基本財産は、基金、基金準備金で
構成されています。
1
  基金は、地方公共団体(県・市町村)、金融機関等から拠出される「出捐金」と金融機関から税法上の損金扱いで拠出される「金融機関等負担金」とで構成されています。
     
2
  基金準備金は、毎期の決算における収支差額から「収支差額変動準備金」として積立てた額を除いた額の累計額で、信用保証協会の自己造成資金です。
 
 
基本財産 (平成29年3月31日現在)
       
(単位:千円)
区 分
前期末
当期中
増加額
当期中
減少額
当期末
基金(外部拠出金)
4,982,413
0
0
4,982,413
基金準備金(内部積立金)
8,997,206
175,935
0
9,173,141
合 計
13,979,619
175,935
0
14,155,554
 
   
(単位:千円)
項目名
金 額
構成比
高知県
3,109,255
21.97%
市町村
529,556
3.74%
金融機関
1,333,726
9.42%
その他
9,876
0.07%
基金準備金
9,173,141
64.80%
合 計
14,155,554
100.00%
 
基本財産の推移
 
年 度
基本財産
 
基金
基金準備金
平成22年度
12,336,122
4,982,413
7,353,709
平成23年度
12,739,103
4,982,413
7,756,690
平成24年度
13,110,324
4,982,413
8,127,911
平成25年度
13,433,407
4,982,413
8,450,994
平成26年度
13,759,786
4,982,413
8,777,373
平成27年度
13,979,618
4,982,413
8,997,205
平成28年度
14,155,554
4,982,413
9,173,141
 
 
 
   
  リクルート情報 | 個人情報保護宣言 | 金融機関専用ページ | リンク
Copyright (C) 2011 高知県信用保証協会 All Rights Reserved.