ご利用の流れ

ご利用の流れ

null

  1. 保証申込・受付

    金融機関経由で申込む場合

    金融機関等の窓口で融資の申込と同時に信用保証の申込手続を行います。金融機関は融資が適当であると判断した場合、信用保証委託申込書等の必要書類を信用保証協会へ提出します。
    ※ご利用される制度によっては、商工会・商工会議所等を経由してのお申込みも可能です。

    信用保証協会に直接申込む場合

    信用保証協会の窓口にお越しいただき面談の後、申込書をお渡しします。記入した申込書に必要書類を添付し申込を行ってください。
    信用保証協会で審査した後、保証が適切であると判断した場合、金融機関に融資を斡旋します。金融機関では融資の審査があります。

  2. 信用調査・審査
    保証申込を受け付けた信用保証協会は、お客様の人的信用、企業に内在する将来性や発展性、返済能力等を検討する信用調査を行い、その結果に基づき保証の諾否について審査します。
  3. 保証承諾・信用保証書発行
    審査の結果、保証承諾する場合には金融機関あての「信用保証書」を発行します。
  4. 融資
    金融機関が「信用保証書」に基づいて融資を実行します。このとき、金融機関が定める所定金利とともに、保証内容によって個々に定められた「信用保証料」を、金融機関を経由して信用保証協会へお支払いいただきます。
    ※信用保証協会の役割は、この融資を保証することであり、信用保証協会が直接、お客様へ融資の実行をするわけではありません。
  5. 返済(償還)
    融資時の条件に沿って、借入金を金融機関に返済(償還)していただきます。信用保証協会は、この償還が滞りなく行われているかを把握します。
     
    null

  6. 代位弁済(立替払い)
    万一、借入金をご返済できない事態(償還不能)が生じた場合、信用保証協会がお客様に代わって、償還不能になった元金及び一定範囲内の利息を金融機関に代位弁済(立替払い)します。
  7. 弁済
    代位弁済後、お客様とご相談しながら、信用保証協会に代位弁済金額(立替払い分)を弁済していただきます。

相談・お問い合わせはこちら

トップへ