四国4県における官民一体型中小企業再生ファンドの組成について
  • HOME
  • 四国4県における官民一体型中小企業再生ファンドの組成について

四国4県における官民一体型中小企業再生ファンドの組成について

2018年04月19日お知らせ

高知県信用保証協会は、四国4県の地域金融機関、信用保証協会、および中小企業基盤整備機構とともに、四国内の中小企業の再生支援と地域経済活性化や雇用維持の取り組みの一環として、「しこく中小企業支援ファンド投資事業有限責任組合(総額30億円、以下「本ファンド」という)を組成しますので、お知らせいたします。

本ファンドは、中小企業基盤整備機構の制度に基づき、同機構、四国4県の20金融機関および4県の信用保証協会と共同で組成し、主に、四国内の中小企業の再生を支援する「官民一体型中小企業再生ファンド」です。

なお、本ファンドの運営は、株式会社リサ・パートナーズ(東京都 成影 善生代表取締役社長)の連結子会社である株式会社四国リバイタルならびに四国アライアンスキャピタル株式会社(愛媛県 竹田 雅弘代表取締役)が行います。

トップへ